不倫の知識 不倫するひと・されたひとのTOPに戻る

セックス依存症の不倫相手

スマートフォンはこちらから




依存症のなかでもセックス依存症は見極めが困難といえるでしょう。

性にまつわる興味は、フェティシズム、同性愛、小児愛、カストロ、覗き、SMなど多様性に富んでおり、どこまでが正常でどこからが異常なのかも判断することも難しいといえます。
男であれば、いかに多くの女性とセックスをしたかを面白おかしく得意げに話すひとも珍しいことではないし、むしろ、性豪として羨望されることもあります。
しかし、自分の性行為の仔細について公表するひとは少なく、やはりベールに包まれて
いる場合が多いのです。

そのベールに包まれている知識を雑誌やアダルトビデオ等で習得することになります。
習得するなかで強い性衝動にかられた性行為が、そのひとの性癖となっていく可能性が高くなります。
強く性衝動を感じた行為を空想することにより、性欲求が高まり、また空想し、やがて行動に移していきたいという強い願望を抱くようになります。
異常ではないかと自問した性的嗜好も、インターネットで同じ嗜好の仲間を探せるようになった社会、自己の性的嗜好に対して感じていた違和感も次第に薄れていくようになります。
したがって、現代社会においては、正常と異常の境界を明確に自覚することは困難な環境であるといえます。

では、セックス依存とはどういう状態なのでしょうか。

セックス依存症とは
セックス依存症は病的な状態です。
セックスとは、異性との性交渉が中心になりますが、それだけでなく、強い性衝動を感じる対象に対して目的を遂げることにより、オーガスムスに達する場合も含みます。
四六時中セックスのことを考え、セックスを得るためであれば手段も選ばなくなります。
その行為が、仕事を失い、家族を失い、友人を失い、社会的な制裁を受けることであっても、身を滅ぼすような事態であっても、やめられないのです。
セックスに囚われて、やめたくてもやめられない状態です。

例えば、痴漢や覗きは性犯罪として処罰の対象になるとわかっていてもやめることができない、勤め先の就業規則に犯罪は解雇と明記されていても逮捕されても繰り返してしまうひと。
給与の殆どを風俗や援助交際などのセックスを得るために使ってしまい、借金をしてでも
セックスを得ようとして止められないひと。
次々と相手を変えてセックスしなければ精神的安定が得られない際限のないひと。
乱交パーティーなどの複数の相手とのセックスに溺れているひと。
等の多様なケースが考えられます。

セックスス依存症の原因
セックス依存に陥るきっかけは、仕事上のストレスやイライラ、何かに苦しみもがいて
いるときにセックスした快感が、そうした問題を一時的に解消させる場合などにおこります。
根本的なストレスや苦しみが解消したわけではないので、再び苦しみが訪れ、苦しみから逃れるためにセックスの快感を求めます。
やがて、セックスをしていないとストレスや苦しみ、精神的な不安定さが助長されてしまうようになり、それを癒すためにまたセックスする。
こうした状態が繰り返されることによりセックスに依存していくようになります。

根源的なところでは、セックス依存に陥るひとは、機能不全家庭のなかで育ったひとが多いでしょう。
両親や自分自身とのつながりを持てなかった心のトラウマを抱えているのです。

セックス依存症の相手を持つあなた
このような夫(妻)を持った妻(夫)は、夫の不倫に悩まされる可能性はとても高いと
言えます。特定の不倫相手との深みにはまるというよりも、相手を変えて次々と不倫を
繰り返していきます。

一方、このようなカレを不倫相手に選んだあなたも苦しむことは同じです。
セックスフレンドとして割り切って不倫しているのならまだしも、
カレを独占したいほど愛してしまったとしても、カレの心をつなぎとめておくことは
できないでしょう。
カレは健全な男女の愛を理解できないタイプのひとりです。

   → 不倫克服法にアプローチ

関連コンテンツ

不倫 男の心理

スマートフォンはこちらから ひとの心の成立は、「イド」と呼ばれる本能的・衝動的に快楽を求める欲求と倫理観や道徳観を支配する「超自我」、そしてこの二つの調和をはかる「自我」の3層構造から構・・・

交流分析からみた不倫

スマートフォンはこちらから ■心の要素 人間の心の状態は、親と大人、そして子供の3つの要素に分けることができます。 成人であれば、誰でもこの要素を持っていて、社会生活のなかでそれを使・・・

エディプスコンプレックスを起因とする不倫

スマートフォンはこちらから ■エディプスコンプレックスとは 子供の頃に抱いたエディプスコンプレックス(フロイト)が解消されないまま成人に至る ケースがあります。 エディプスコンプレ・・・

回避依存症の夫と共依存症の不倫相手

スマートフォンはこちらから ■回避依存症 亭主関白で口うるさく、自分では何もしないのに妻の一挙手一投足に至るまでこと細かく指示してくるタイプのひとがいます。 ヘアースタイルから服に至・・・

不倫された共依存症の妻

スマートフォンはこちらから ■共依存とは 依存してくる相手に対して依存することを共依存といいます。 その程度が強迫的である場合、共依存症という病的なものになります。 依存症は特・・・